_edited.jpg

特殊清掃とは?

特殊清掃
事件や事故、孤独死など突然の出来事にも対応

プロのスタッフが徹底的に原状回復に努めます

shutterstock_1179682189-600x400.jpg

自殺や事故、孤独死、病死などの特殊な状況でご家族の方がお亡くなりなった場合、現場を直視して冷静な判断をすることは、精神的にもとても難しいものです。
ご遺族にとっても、すぐに遺品整理に取り掛かるのは戸惑われるかと思われます。

また、現場は強烈な臭いだけではなく、ハエなどの害虫も多く集まっている場合にはウィルス感染の危険性があります。

株式会社孝縁埼玉では、そのような現場における特殊清掃も承っております。豊富な経験と専門知識を持ったスタッフが迅速に遺体の腐敗臭なども取り除き、再び元通りにお部屋を利用できるよう原状回復致します。

特殊清掃とは?

孤独死、孤立死、事件、事故、自殺、ヒートショック等

特殊清掃とは、孤独死や事件、事故、自殺などの特殊な状況の現場を清掃することです。
ご遺体の腐敗臭は、通常の清掃で消臭を行うのはとても困難です。

また、お亡くなりになられてから時間が経過していると、害虫やウイルスによる感染症のリスクも出てきます。
特殊清掃では、まず徹底的に消毒し、消臭と殺菌を行います。害虫が発生している場合は駆除を行います。

当社では、特殊清掃と同時に遺品整理も承ります。ご遺族の方のあらゆるご要望に対し柔軟にお応えが可能となっております。

特殊清掃が必要な理由

できる会社が少ないのにはワケがあります

遺体処理後に、ご遺体の体液が壁や床下まで染み込んでしまっている場合は、それぞれの場所に合った専門の清掃技術が必要となります。また、表面箇所の清掃だけでは汚れを完全に除去できないこともあります。

そのような状況の現場では、解体を含めた特殊清掃が必要です。

壁紙やフローリング、畳、カーペットなどを剥がして解体したあと、染み込んだ体液と臭いがなくなるまで徹底的に清掃をします。清掃が済みましたら、部屋の全体を消臭および脱臭を行い、解体をした壁紙やフローリング、畳、カーペットなどを新しいものに貼り替えて原状回復が完了致します。

一連の作業は難易度の高いものばかりであり、特殊清掃ができる会社が少ない理由となっています。

孤独死・孤立死の清掃

特殊清掃の需要の増加

近年、高齢化や単身世帯の増加により、お一人で誰にみとられることもなく亡くなる方が多くおられます。
孤独死・孤立死などですぐに発見されなかった場合は、遺体の腐食が進んで特殊清掃が必要となります。

時間が経過した遺体は臭いや汚れもひどく、害虫やウイルスが発生している場合もあるため、ご遺族の方であっても、むやみに孤独死の現場に足を踏み入れるのは危険です。


特殊清掃について専門知識と豊富な経験のある当社・株式会社孝縁埼玉にお任せください。

特殊清掃を依頼するなら遺品整理業者

あまり考えたくないことですが、ご家族の方が孤独死をして、ある程度の期間が経過してから発見された場合、それが賃貸物件であれば「特殊清掃」を要求されるケースがあります。

この項目では、特殊清掃がどんなことをするのか、どんな技術が必要なのかなどを丁寧に解説して行きます。

特殊清掃が必要となった場合に、どうすれば良いかも具体的に記述しますので、ぜひ最後まで読んで参考にしてください。

pixta_14814266_M-e1548854150877.jpg
特殊清掃とは?

特殊清掃とは、何らかの原因でなくなった方の遺体が、時間が経過してしまった際に起こった腐敗の痕や、血液による汚染まで清掃して、原状復帰する作業のことを言います。また、人間でなくても動物の死骸による汚れや臭気、ゴミ屋敷化して食品などの腐敗やシミ、ゴミが発する臭いなどが激しい場合にも活躍する清掃です。

血液によるシミや、臭いを完全に取り去ったり、繁殖した虫や細菌を駆除したりするには、経験と知識、専用の道具が必要です。専門性の無い個人や、一般的な清掃会社では到底できない作業ですから、必要に迫られた場合は信頼できる業者を探して頼みましょう。

なぜ特殊清掃は専門性が無いとできないのか?

精神面の困難

特殊清掃が誰にでもできる仕事ではないのは、いくつかの理由があります。まず大きいのは精神面です。例えばそれがご家族の遺体であった場合、「家族の手でなんとかしたい」という気持ちを持つ方もおられますが、家族であればこそ、その状況は辛いものです。「変死」という状態であれば、清掃に先立って警察による取り調べなどがあります。遺族の方にとってそれも大きなストレスだったはずです。過度のストレスを加え続けるよりも、専門性がある業者にお任せください。

また、家族であるかどうかに寄らず、凄惨な状況であることが多いですから、特殊清掃のプロとして場数をこなしていなければ、その場所にい続けることすら困難です。

専門性が必要

特殊清掃を必要とする現場では、無数の細菌が繁殖していたり、刺激臭が漂っていたりしますから、一般に販売されている簡易的なマスクや手袋で作業をすれば、さまざまな病気に感染する可能性があります。ウイルスやカビの胞子は空中を浮遊している可能性がありますから、触らなければ良いというものでもありません。

また、血液や体液のある場所には、ウジがわいていることもあり、この場合完全の除去が出来ていなければ再度わいてくることもあります。
特殊清掃を専門とする業者であれば、専用の防護服を着用して作業を行うことで感染のリスクを最小限にします。また、消毒や消臭に関する知識が無ければ、外観だけきれいにしてもその場所のリスクを取り去ったことにはなりません。適切な薬剤などを選択する知識と、しっかりした経験があってこそ、見た目だけでなく衛生面まで含めて居住可能な空間を取り戻すことができるのです。

プロは作業も早い

清掃場所が賃貸物件であれば、不動産会社やオーナーは一日も早く原状復帰をしてほしいと思っているはずですから、迅速な作業が必要になります。専門業者であればこそ、多くの経験を積んでいますし、専用の道具も持っていますから、短い時間で作業を終えることが可能です。

遺品整理会社による特殊清掃の意味

特殊清掃を依頼する場合、遺品整理を専門としている会社に依頼されることをお勧めします。清掃を中心としている会社も、もちろん高い専門性を持っています。しかし、遺品整理会社の良さは、日常的にご遺体やご遺族にいたわりをもって接することを心得ている点にあります。

どれほど凄惨な状態になっていても、ご遺体は「もの」ではありませんから、故人の尊厳を守って作業を行う必要があります。また、ご遺族の方々のお気持ちを察することなく作業を行えば、ただでさえ精神的ダメージを受けているところに、二次被害となって強い精神的傷を負ってしまうこともあり得ます。賃貸物件であれば管理会社や物件のオーナー、近所住民から苦情を言われている可能性もありますから、その傷口に塩を塗りこむようなことをしない高い倫理観が必要です。

まとめ

特殊清掃という業務の内容や、その重要性をまとめました。特殊清掃を依頼するなら、遺品整理を専門とする会社が有効であることもご理解いただけたことと思います。

静岡、神奈川エリア周辺で、特殊清掃を必要とされる場合は、私たち「株式会社 孝緑埼玉」にお任せください。私たちは遺品整理などを専門に行っていますから、常に「人の死」に携わる仕事を行っています。ご遺体に対する敬意を払うのはもちろんのこと、遺族の方々のつらいお気持ちにも寄り添いながら、しかし高い専門性を持って迅速な作業を行います。

また、賃貸物件であれば退去が前提でしょうから、そのまま継続して遺品の整理を行うことも可能です。遺品整理については、一般社団法人 遺品整理士認定協会が認定する「遺品整理士」という資格を有していますから、知識、技術、倫理の全てをお約束することが可能です。

特殊清掃なら「株式会社 孝緑埼玉」をぜひご指名ください。

スクリーンショット 2021-02-18 163928.jpg

スクリーンショット 2021-02-18 174143.jpg

遺品整理はご遺族の方にとって、体力的のみならず精神的にも負担がかかってしまうことがあります。

 

依頼者様のご要望をしっかりと把握し、故人との思い出をいつまでも大切に残せるよう最善を尽くします。

 

故人の生前の想いがすべての品物に詰まったひとつひとつの遺品に、スタッフ一同、敬意を持って迅速かつ丁寧に作業致します。

スクリーンショット 2021-02-18 174205.jpg

ご依頼される際は、しっかりとヒヤリングを行い、お部屋の状態やご希望の清掃内容までしっかりとお伺いします。

お見積もりの際は、口頭での情報と現場の状況確認も含め、ご依頼場所を確認後にお出ししております。

どのように処理をしたらよいかわからない場合やあらゆるご要望に丁寧に対応しておりますのでお気軽にご相談ください。

スクリーンショット 2021-02-18 174233.jpg

Q:ゴミ屋敷状態ですが作業可能ですか?


A:強烈な異臭がするお部屋でも、プロの技術で特殊清掃を行い原状回復が可能です。


Q:遺品整理をご近所に知られたくありません。


A:近隣にご迷惑のかからないよう最大の配慮をしてます。作業時間帯のご希望などお客様のご要望に沿えるよう最大限の配慮をいたします。