_edited.jpg

生前整理とは?

生前整理
生前整理のすすめ方

お元気なうちに身の回りの整理をはじめませんか?

高齢者のお独り住まいも増えている中、この先を考えてお元気なうちに生前整理をはじめてみませんか?


大切なご家族の方々も、先立たれてしまった後に遺品の整理を行うのは、肉体的だけではなく精神的にも負担がかかります。代々残しておきたい品物の管理や今のうちに片付けておきたい場所の整理など、ぜひ当社へお任せくださいませ。あらゆる問題を解消してきた実績のあるプロスタッフが丁寧に対応いたします。


他界されたあとの財産分与などの手続きには、長い時間と手間がかかる場合がございます。ご家族内での混乱を避けるためにも、ご本人の意思で住空間や財産を生前整理されることをおすすめいたします。

生前整理はまだ早いと思われている方もいらっしゃるかと思います。


体力または気力が落ちてからでは、いざ整理する必要が出てきたときに、すぐに対応できないことがあります。後悔しないためにも、お元気なうちに取り掛かることが大切です。

shutterstock_1150903040-600x400.jpg
生前整理とは?

最近よく聞く「生前整理」と「老前整理」について

生前整理とは、ご本人が、ご家族や親族における財産問題や相続トラブルをさけるため整理を行うことです。
対象となるのは財産だけではなく住空間や物品の整理も含まれます。

老前整理とは、ご本人がご自身のために不用品を処分したり 、整理整頓したりすることを指します。
また、家財や住居を売却し、老後の生活を念頭に思い出の品を含めた身の回りの整理を行うことも老前管理です。
生前整理と異なる点は、ご遺族のためではなく、ご自身の生活をより快適にするために整理する点になります。

生前整理のやり方

具体的な内容と整理方法について

生前整理の際は、必要なモノまで処分してしまわないように、はじめに財産目録を作成される事をお勧め致します。

 

財産目録とは、不動産の権利書や預金通帳といったものも記入の対象となります。資産価値が高いとされる品物を記入しましょう。逆に、財産目録の作成を経て不用品となったものは、片付け後での負担が大きくならないよう、早めに処分されることをおすすめいたします。


お元気なうちに生前整理を行うことで、病気やケガなどいざという時のために備えることができます。

生前整理業者選びのポイント

頼りになる安心業者に出会うために

近年では生前整理を請け負う業者さんが増加していますが、安心して依頼できる業者を選ぶことをお勧め致します。
また、豊富な経験と知識を持っているのみならず、生前整理や遺品整理についての資格を保有していることも重要です。きちんと資格がある業者さんであることを確認しましょう。


当社では、遺品整理士をはじめ有資格者スタッフが多く在籍しておりますので、お客様に自信をもってサービスを提供することが可能です。

生前整理は遺族のために行う大切な行為
pixta_26281054_M-e1548853871889.jpg

「生前整理」という言葉をご存知でしょうか?


これは故人の持ち物を亡くなってから遺族が整理するよりも、本人が生きているうちに整理した方が効率がいいだろう、という考えに基づく行動です。

 

ここから生前整理のあり方について詳しく解説して行きます。

生前整理とは何ですか?

「生前整理」とは自分自身が生きている間に、できるだけ「遺品」を整理しておくことを言います。広い意味で「身辺整理」という言葉もありますが、それは人間関係などの整理も含むニュアンスを持っています。また、現金や遺産の分配を考えたり、借金を整理したりするのも身辺整理という言葉に含みます。

しかしここでは、人間関係や資産の話ではなく、「もの」の整理に絞って解説を進めていきます。

生前整理にはどんな意味がありますか?

人間はどんな人でも死ぬときがやってきます。そしてそれは突然やってくることもあります。たとえ病気でゆっくりと死に向かっていく場合でも、多くの方が物品の整理にまでは至らないことが普通です。いずれにしても、遺族が残された物品の整理をしなければなりません。

遺族としては可能な限り故人の遺志を大事にしたいと思う気持ちが強いですが、全ての物品を取っておくことはできませんから、廃棄する物、残す物、リサイクルして換金する物、専門性がある業者にお焚き上げしてもらう物などに分ける必要があります。それを故人の意思を推測しながら行う作業をしなければなりませんから、遺族にとってはかなり手間がかかる仕事です。

ですから、本人が生きている時に、できるだけ整理を行っておくことは、家族にとって非常に助かる行為なのです。

生前整理は遺品整理会社に立ち会ってもらうことで劇的に進む!

生前整理の意味や重要性を踏まえたところで、実際に物品の整理を始めると、多くの方が時間をかけてもなかなか進まないことに気づくはずです。
それはなぜでしょうか?

個人の力で整理しようとしても、物品の記憶に浸ってしまい、なかなか進まない

物品を整理しようとして一つひとつの物を取りだすと、それを入手した経緯やそれにまつわる記憶がよみがえってきてなかなか整理が進みません。それと似たような状態は、引越しのための荷物整理で味わったことがある方が多いと思います。

しかし、生前整理と引越しでは大きな違いがあります。引越しでもいらないものは捨てるとしても、基本的に移動するための整理ですから、とりあえず棚から箱に入れれば、その物品とは引越し先でまた会えます。一方生前整理は基本的に捨てることを前提とした整理ですから、どうしても「惜しい」、「離れたくない」という気持ちが先行して進まなくなるのです。

生前整理はアドバイザーがいてこそ進む

上に書いたように、個人の力で生前整理を進めようとしてもなかなか進みませんから、そんなときはプロの力に頼りましょう。お勧めなのは「遺品整理士」を呼ぶことです。

遺品整理士は、その名の通り、遺品を整理することを専門とする、一般社団法人 遺品整理士認定協会が認定する資格を取った人です。遺品整理のノウハウに精通しつつ、物品廃棄のための知識や、法的根拠を知り尽くしています。

そんな「遺品整理士」がいると何が変わるかという点を説明します。

遺品整理士は客観的な目線を提供してくれる

まず第三者の目があることは、一人の思い出に浸っている時間を減らすことができます。わざわざお金を出して依頼しているから成果を上げなければ、という気持ちを保つこともできるでしょう。

遺品整理士は物品の価値やリサイクルの手間を判断してくれる

また、遺品整理士はリサイクル業に精通していることが多いので、物品の価値をある程度把握しています。
本人が生前整理を行う場合、よくあるのが買った時の価格を考えるとリサイクル業者に売って現金にして家族に還元したいということです。しかし、現実には買った時の価格に近いものは少なく、その物品の市場価値は1/10以下の場合もあります。それを実際に遺品整理士が価格を判断すれば、リサイクルする価値があるものをある程度正確に把握できます。もちろん中にはしっかり価値があるものもあるでしょうから、一つや二つで「価値がない」と言われても、あきらめずにリサイクルしたいものを上げて行きましょう。

もう一点、遺品整理士がいることで整理が進む理由があります。それは整理士が廃棄にかかる手間やリサイクルにかかる手間を正確に把握している点です。生前整理の意味は残された遺族が物品を廃棄したりする手間を省くことにあります。しかし個人の力だけで整理をした場合、そのものの価値を高くみる傾向があり、残したいと思うものが増えますから、遺族にとってはそれだけ手間が増えることになるのです。整理士がいれば、手間と価値のバランスを見極めてくれますから、適切に整理を進めることができます。

まとめ

生前整理の重要性やコツについてまとめました。
整理は個人の力だけで行うとなかなか進みませんから、遺品整理士のアドバイスを借りながら行うことをお勧めします。

埼玉エリアで生前整理をお考えの方は、「株式会社 孝緑埼玉」にご相談ください。

当社は遺品整理を専門に行っている会社で、生前整理にも精通する遺品整理士が在籍しています。皆さまの生前整理を全力で応援しますので、ぜひ私たちにお声掛けください。

スクリーンショット 2021-02-18 163928.jpg
スクリーンショット 2021-02-18 174143.jpg

遺品整理はご遺族の方にとって、体力的のみならず精神的にも負担がかかってしまうことがあります。

 

依頼者様のご要望をしっかりと把握し、故人との思い出をいつまでも大切に残せるよう最善を尽くします。

 

故人の生前の想いがすべての品物に詰まったひとつひとつの遺品に、スタッフ一同、敬意を持って迅速かつ丁寧に作業致します。

スクリーンショット 2021-02-18 174205.jpg

ご依頼される際は、しっかりとヒヤリングを行い、お部屋の状態やご希望の清掃内容までしっかりとお伺いします。

お見積もりの際は、口頭での情報と現場の状況確認も含め、ご依頼場所を確認後にお出ししております。

どのように処理をしたらよいかわからない場合やあらゆるご要望に丁寧に対応しておりますのでお気軽にご相談ください。

スクリーンショット 2021-02-18 174233.jpg

Q:ゴミ屋敷状態ですが作業可能ですか?


A:強烈な異臭がするお部屋でも、プロの技術で特殊清掃を行い原状回復が可能です。


Q:遺品整理をご近所に知られたくありません。


A:近隣にご迷惑のかからないよう最大の配慮をしてます。作業時間帯のご希望などお客様のご要望に沿えるよう最大限の配慮をいたします。